運転免許の最初の方で受ける事になるのが「運転適性検査」です。

運転に適している人かどうかを調べられるわけですから色々不安に思う人も多いはず。

今回は運転適性検査を詳しく取り上げ、これから教習を受ける方や現在教習中の方、さらにはすでに免許を取得していて手元に診断票があるという方にも参考にしていただけるように解説していきますよ。

運転適性検査とは?

運転適性診断は運転に向いているかを調べるもので、試験というよりは心理テストに近い感じです
検査の結果が他の教習生に知られる事はありませんから身構える必要はありません。

この検査で自分の特徴を客観的に見ることで今後の運転に役立てることができるようになっています。

運転適性検査は「警察庁方式運転適性検査K型」と「OD式安全性テスト」の2種類があり、どちらかを受ける事になります。どちらを採用しているかは自動車学校によって違います。

検査結果が悪いとどうなる?

運転適性検査の結果が悪くても、どうなるということはありません。試験ではないので不合格などはありませんし、結果が悪いから先に進めなくなるということではありませんので安心してください。

検査結果はあくまでもこれから気をつけるべきポイントを明らかにしたものですので、悪かった点は特に注意して運転するようにしましょう

検査結果はどう活用する?

検査結果の診断票(OD式は診断書)は自分自身で注意する以外に、教習中に様々な活用をします。

学科教習に使用する

運転適性検査の診断票を見ながら授業を進める学科教習もあるため、もらった後は無くしたりせずに教本などと一緒に持ち歩きましょう

指導員が参考にする

診断の内容は自主的に見せたりしない限り他の教習生に見られることはありませんが、教習に必要な原簿にこの診断の結果が記載されるため、実技教習の最中に指導員がこれを参考にして指導したりする場合があります

しかし、残念ながら中にはその結果を元に人格を否定するような発言をする指導員がいるのも事実です。そういう場合はすぐに学校に報告し、指導員を変更してもらってください。

警察庁方式運転適性検査K型

よく間違えられるのですが、警視庁ではなく「警察庁」です。
警察が犯罪者を対象に実施していた検査を簡易的にしたものです。

検査員が口頭で問題を読み上げる方式で進行します。

AからDが1~10の10段階(場合によっては2~10の9段階)、EからKまでが1~5の5段階です。基本的には数値が高いほど良いとされています。

BからDは「行動の内容」に関する検査で、EからKまでが「精神安定度」に関する検査となっています。

A 状況判断力(10段階)
運転時に周囲の状況の変化をすばやく判断できるかどうかです。

指導員の方が最も重視する項目だそうです。

B 動作の正確性(10段階)、C 動作の速さ(10段階)
この項目も指導員の方がよく見るそうで、数値の関係性からも診断ができます。

B>Cで数値の差が2以上→慎重型
B<Cで数値の差が2以上→事故多発型
B=C→とまどい型
B>C(orB<C)で数値の差が1→安定型

となっており、安定型が最も理想的となります。

Cは9や10のように高すぎるとせっかちであるとみなされるため、8が理想的です。

D 衝動抑止性(10段階)
衝動を抑えられるかどうかを表し、この数値が高いほど衝動に駆られて運転に悪影響を及ぼしやすくなります。

E 神経質傾向(5段階)
低いほど「神経質」、高いほど「大雑把」となるため、3が理想的です。

F 気分の変わりやすさ(5段階)
回帰性とも言われます。この数値が低いほど気分が変わりやすく、その結果が運転に現れやすくなります。

また、EとFがともに2以下の人は「気遣い型」となり、運転に関して“自信が持てない”傾向にあります。

G 上っ調子になりやすさ(5段階)
感情高揚性とも言われます。この数値が低いほど気分が高揚しやすく、同乗者との会話に夢中になったりする傾向にあります。

H 自己主張の強さ(5段階)
攻撃性とも言われます。この数値が低いほど自分中心に無理な運転をしてしまう傾向にあります。

I 協調性(5段階)
非協調性とも言われます。この数値が低いほど非協調的となり、道をゆずらなかったり迷惑駐車などをしてしまう傾向にあります。

また、HとIがともに2以下の人は「責任転嫁型」となり、他の車に責任転嫁してしまう傾向にあります。

J 自分をよく見せる傾向(5段階)
自己顕示性とも言われます。この数値が低いほど自分の運転技術を人に見せつけたいという欲求から無理な運転をしてしまう傾向にあります。

また、GとJがともに2以下の人は「注意力散漫」となり、運転中に注意力が散漫してしまう傾向にあります。

K 情緒安定性
EからJの6項目の合計値で、6~30の25段階評価の場合と1~5の5段階評価の場合とがあるようです。

T 総合判定(5段階)
AからJの全項目の総合評価を表し、1~5の5段階評価になります。5が最良となります。

K型は6つのタイプに分類

この検査では以下の6つのタイプに分類されます。それぞれ心がけるポイントを書きましたので参考にしてください。

状況判断の遅い人

複雑な状況でも常に潜んでいる状況を見抜き、適切な行動をしましょう。

動作は早いが正確さに欠ける人

周囲の状況によく気を配り、一呼吸おいてから行動に移しましょう。

神経質な傾向のある人

バランスよく周囲に気を配り、リラックスした運転を心がけましょう。

気分の変わりやすい人

気分が沈んでいるときは運転を控え、気分転換をしてから車に乗りましょう。

攻撃的な傾向にある人

相手に譲る気持ちを忘れずに持って運転しましょう。

自己中心的な傾向にある人

自分の行動が他人に迷惑をかけていないかときどき振り返ってみましょう。

OD式安全性テスト

もう一つがOD式安全性テストです。

CDの音声ガイドで進行します。

AからCEからGまでがA~Eの5段階、Dだけが「A、B、C、-D、D、-E、E」の7段階、HからPまでがA~Cの3段階です。Aに近くなるほど良いとされています。

AからGは「運動機能」に関する検査、HからJまでが「健康度・成熟度」に関する検査、KからOまでが「性格特性」に関する検査、Pが「マナー」に関する検査となっています。

A 注意力(5段階)
周りのわずかな変化にも気がつく能力です。

B 判断力(5段階)
周囲の状況をみきわめて正しい判断ができる能力です。

C 柔軟性(5段階)
物事にとらわれず頭の切りかえがすばやくできるかどうかです。

D 決断力(7段階)
いざというときにも迷わず処置がとれる能力です。
なぜかこの項目だけ7段階評価となっています。

E 緻密性(5段階)
動作がめんみつでていねいであるかどうかです。

F 動作の安定性(5段階)
動作のやり方にムラがないかどうかです。

G 適応性(5段階)
場面の変化に応じて適切な処置がとれるかどうかです。

H 身体的健康度(3段階)
ここから3段階になります。
健康なからだかの度合いです。

I 精神的健康度(3段階)
心のすこやかさの度合いです。

J 社会的成熟度(3段階)
心におちつきやゆとりがあるかどうかの度合いです。

K 情緒不安定性(3段階)
Cの場合、感情のきふくがはげしい傾向があります。

L 衝迫性・暴発性(3段階)
Cの場合、興奮時に自分を抑えられない傾向があります。

M 自己中心性(3段階)
Cの場合、わがままで自分中心に物事を考える傾向があります。

N 神経質・過敏性(3段階)
Cの場合、わずかなことに悩みやすい傾向があります。

O 虚飾性(3段階)
Cの場合、自分をよく見せようとして背伸びをする傾向があります。

P 運転マナー(3段階)
常に交通ルールを守って安全運転をしようとする心構えやその習慣があるかどうかです。

運転適性度(5段階)
AからGの7項目の総合評価で、1~5の5段階評価になります。数値が高いほど良いとされています。

安全運転度(5段階)
HからPの9項目の総合評価で、A~Eの5段階評価になります。Aに近くなるほど良いとされています。

OD式は4つのタイプに分類

運転適性度と安全運転度の2つの総合評価を「数字 英字」という組み合わせでパターン化します。

例えば、運転適性度が「4」で安全運転度が「D」の場合は「4D」となります。

パターンは以下の4つのタイプに分類されます。それぞれ心がけるポイントを書きましたので参考にしてください。

安全運転タイプ

5A、5B、5C、4A、4B、4C、3A、3B、3Cに該当する人です。
どちらも平均以上ということで比較的に安全運転ができるタイプです。しかし油断は禁物です。

また、5C、4C、3A、3B、3Cは他のタイプに変わる可能性がありますので注意が必要です

もらい事故傾向タイプ

2A、2B、2C、1A、1B、1Cに該当する人です。
自分から事故を起こす可能性は低いものの、技術的にもたつく傾向があるので、もらい事故に注意が必要です。

重大事故傾向タイプ

5D、5E、4D、4E、3D、3Eに該当する人です。
運転操作は比較的器用にこなせますが、安全運転に対する心構えに問題があるので、常に安全第一を心がけましょう。

事故違反多発傾向タイプ

2D、2E、1D、1Eに該当する人です。
安全運転適性としてはあまり優れたものを持っているとは言えません。運転する際には常に細心の注意を払うよう心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

運転適性検査は検査であり試験ではありません。

またあくまでその時の当人の検査であり、結果は時と共に変化をします。
特に運転技能に関しては「慣れ」の要素がかなり強いので、教習中にそこまで不安に感じる必要はありません。

ですので、検査の結果に一喜一憂することなく「安全運転第一」を心がけていきましょう。