注)この記事は道交法試行前に書いた記事です。すでに試行されており、いつ取っても変わりません。ただ、今見ても参考になる内容ではあると思いますので、記事自体は残しておきます。

実は平成29年3月12日(日)に新たな道路交通法が試行され、普通自動車免許に微妙な変更が加えられました。

今回はその変更の中でも、これから初めて車を取る方に大いに関わってくる

準中型免許」について掘り下げていきます。



準中型自動車免許の新設

今までは…

種類総重量条件(受験資格)
普通免許~5t未満18歳以上
中型免許5t以上~11t未満20歳以上 ※1
大型免許11t以上~21歳以上 ※2

※1 普通免許又は大特免許の取得者で免許経歴が通算2年以上
※2 普通、中型、大特免許のいずれかの取得者で免許経歴が通算3年以上

 

2017年3月12日からは…

種類総重量条件(受験資格)
普通免許~3.5t未満18歳以上
準中型免許3.5t以上~7.5t未満18歳以上
中型免許7.5t以上~11t未満20歳以上 ※3
大型免許11t以上~21歳以上 ※4

※3 普通免許又は大特免許の取得者で免許経歴が通算2年以上
※4 普通、中型、大特免許のいずれかの取得者で免許経歴が通算3年以上

 

変更点をで示しました。

大きく変わったのは「準中型免許」が新たに誕生した点です。

「なーんだ。準中型なんて関係ないや。」と思ったあなた、実はその影響が普通自動車免許にも及んでいるのです。

よく見ると、普通自動車免許で乗れる範囲が「総重量5t未満」から「総重量3.5t未満」となっていますよね?
「じゃあ、普通自動車免許が前より楽に取れるの?」と思った方、実は・・・
これまでと変わりません」orz

普通自動車免許しか取らないならいつ取るのがオトク?

「今後は乗用車にしか乗りません!」という方にとっては施行後も正直あまり変わりません。ただ、今までであれば普通自動車免許で5t未満の小型トラックまで運転できていたものが、同じくらいがんばっても3.5tの車までしか運転できなくなってしまいます。

今までと同じがんばりで引き下げられるわけですから、それがちょっと残念に感じる方は今のうちに取ったほうがいいでしょう。 ←注)試行前の話です

最初から準中型免許を取得することも可能

現行の中型免許、大型免許は、上の図にもあるように免許歴が必要だったわけですが、新たに新設される準中型免許に関しては、そういった制限はなく、普通免許と同じように18歳以上であればどなたでも免許を取得することができます(中型、大型に関しては改正後も年齢以外の条件あり)。

では、普通免許の教習とどのくらい違いがあるのかを挙げていきます。

教習内容に「7.5tのトラック」の内容が増える

普通自動車の教習に加えて、7.5tのトラックを使用した教習や試験、講習を実施することが予定されています。

AT限定の教習はなく、MTのみ

現行の中型、大型と同様に、準中型にはMT免許だけが設置され、AT限定免許の教習はありません。

教習時限が増える

普通自動車(MT)免許と比べると、学科が26→27、技能が34→41の計8限分の教習が増え、普通自動車免許と比べると4万円を超える費用が必要になると想定されます。

将来準中型免許が欲しい場合はいつ取るのがオトク?

改正道交法が試行される前の現時点で、将来準中型を取得する方法は以下の3通りあります。

1、改正前の普通自動車免許を取得後に限定解除して取得
2、改正後の普通自動車免許を取得後に限定解除して取得
3、改正後に直接準中型免許を取得

注)試行後(2017年3月12日以降)、1を選択できるのは改正前の普通自動車免許を取得済みの方だけです。

 

1の場合の流れ

 

2017年3月12日より前に普通免許を取得した方は、2017年3月12日の法律施行後は自動的に名称が準中型免許に変わりますが、中身は今まで通り5t未満という制限付きです。

 

2の場合の流れ

 

3の場合の流れ

 

1番オトクなのは1の場合

理由は、「教習時間が短い=料金が安い」からです。教習の費用は教習時間に比例していくので、教習時間が長ければ長いほど料金も高くなるわけです。
1時限の教習代が5~6千円とすると、2の場合は1の場合より4限多く、2万円~2万4千円ほど高くなり、3の場合は1の場合より10限多く、5万円~6万円ほど高くなると想定されます。

注)試行後(2017年3月12日以降)、1を選択できるのは改正前の普通自動車免許を取得済みの方だけです。

 

(参考)教習の時限数 一覧表

1の場合
MT→学26+技34+技4=64
AT→学26+技31+技8=65

2の場合
MT→学26+技34+学1+技13=74
AT→学26+技31+学1+技17=75

3の場合
学27+技41=68

※1限=50分、学=学科教習、技=技能教習

まとめ

いかがだったでしょうか。簡単にまとめると、

今のうちに取っておいて損はない」ということです。
それから、将来準中型の免許を取得する際にどれがお得なのかごちゃごちゃ書きましたが、準中型免許のメリットは「2年待たなくてもトラックの運転ができる」点にあります。

すぐにそういった仕事に就かれる予定の方は、最初から準中型免許の免許を一発で取ってしまったほうが早いでしょう。

免許を取るなら合宿免許受付センターがオススメです!