免許を合宿で取ろうと決めたはいいけど、「具体的に何を持っていけばいいのか分からない」、「自分であれこれ考えるのが面倒くさい」という方々のために、
今回は合宿免許の持ち物をすべて公開します!

私(管理人)自身も合宿で免許を取りましたので、その経験を踏まえてしっかり解説していきます。



必須度★★★★★(必ず持っていくもの)

入校時に必要なもの

住民票
本人確認書類(健康保険証orパスポートorすでに持っている運転免許証など)
印鑑
郵送されてきた案内書

詳しくは合宿免許で必要なものとは?荷物はどう送る?服装は? 入校時に必要なものへ。

健康保険証
万が一、合宿中に病気や怪我をしてしまった時のために持って行きましょう。本人確認書類にもなりますので一石二鳥です。

お金・キャッシュカード
交通費(支給される場合でも、現地に着いてからの支給になります)、別途料金代、自炊プランでの食料費などがかかります。
忘れ物をしたときや必要なものがあるときに現地で購入することもできます。
また、カードがあればコンビニ等でお金を引き出せます。ただし無くさないように注意!

筆記用具
鉛筆消しゴムボールペンは必須です。
適性検査や仮免許学科試験はマークシートになりますから鉛筆は数本持っていきましょう。

メガネ・コンタクトレンズ用品
常にメガネをかけていない方だと結構忘れるんですよね。コンタクトの方は洗浄液保存液なども。
免許を取る上で、視力が基準に達していないと教習を受けられませんので要注意です。

携帯電話・スマートフォン
QRコードを利用してその日の日程をお知らせしたりするところもあるため、携帯電話は必須です。QRコードが読み取れるのであれば、スマートフォンでなくても構いません。
充電器必須ですよ!

バック
部活で使っていたエナメルバックスポーツバックキャリーバッグなど。
因みに、私はエナメルバック+ソフトキャリーバックで行き、二つの荷物のうち一方は荷物宅配サービスを利用しました。これは、自宅から教習所、教習所から自宅まで荷物を無料で配送してもらえるサービスです。
教習所によって違いますので、各自ご確認ください。

詳しくは合宿免許で必要なものとは?荷物はどう送る?服装は? 合宿地に荷物を送るへ。


下着や靴下普段着や寝間着上着など。
時期にもよりますね。冬に寒い地域での教習だと、手袋やマフラーダウン等も必要になってくるでしょう。北海道や東北だと、11月や4月でも東京の真冬並みの寒さだったりするので注意です。雪が多い地域は靴も注意です。
夏はTシャツを多めに持ちましょう。
普段着や寝間着は相部屋だったりすると多少気を使った方が良いかも?
持って行く量なんですが、私の場合は「3週間(車+二輪でストレート卒業)で2回洗濯」することを想定しました。つまり、1週間分ですね。個人的にはちょうど良かったと思います。
備え付けのコインランドリーは有料の場合が多いですので、荷物の量とお金を天秤に掛ける感じになります。

教習時の服装については合宿免許で必要なものとは?荷物はどう送る?服装は? 服装へ。

必須度★★★★☆

メモ帳
何かと便利!

ビニール袋
何があるか分からないので数枚持っていくと良いです。

タオル
夏場は多めに持っていくといいかも。

身だしなみグッズ
化粧品生理用品髭剃りや剃刀鼻毛ケアハンドクリーム眉毛はさみ毛抜き日焼け止め清汗スプレーヘアワックスなど。

お風呂グッズ
シャンプーやリンスボディーソープ洗顔クリーム、体を洗うボディタオルやスポンジなど。洗顔ネット、洗顔後の化粧水や乳液。入浴後のボディクリーム
シャンプーやボディーソープは備え付けられている場合も多いです。

歯ブラシ・歯磨き粉・コップ
備え付けられている場合もありますが、歯ブラシや歯磨き粉はかさばりませんし持っていったほうがいいでしょう。

マスク
風邪対策や花粉症対策になります
寝坊したときにはすっぴん隠しとしても活躍!?

ティッシュ・ハンカチ・ウェットティッシュ
ウェットティッシュも意外と重宝するはず。

折りたたみ傘・カッパ
持ち運びに便利な折りたたみ傘がオススメ。

必須度★★★☆☆

電子機器
タブレットノートパソコンミュージックプレーヤーデジカメなど。
宿泊場所がネット環境が整っているかどうか確認しておきましょう。整っていない場合はポケットwifiを持っていくといいです(電波が入らない可能性もあります)。
目覚まし機能がある電子機器を持っていくと一石二鳥!
もちろん充電器、パソコンのACアダプタ必須

ドライヤー・ヘアーアイロン・ヘアブラシ
ドライヤーは備え付けられている可能性が高いですが、無い可能性もあるので確認が必要です。

麺棒
お風呂上りの耳掃除など。

洗濯用洗剤・洗濯ネット
コインランドリーの場合、洗剤が自動で投入されるか高確率で備え付けてあると思いますが、ネットはありません。

薬・絆創膏
かゆみ止め、酔い止め薬、頭痛薬、風邪薬、湿布などなど。持病がある方はもちろん、あまりかさばりませんから用意しておくといいです。
怪我をした時のために絆創膏もあると便利♪
二輪教習の方や自炊プランの方で料理する予定の方は特に。

必須度★★☆☆☆

トートバッグ
貴重品などを入れて持ち歩いたり、筆記用具や教本、教習原簿を持ち運ぶときにめちゃ便利です。

バスタオル
備え付けられている可能性が高いですし、無かったとしても普通のタオルでも代用できますから、無理して持って行く必要はないかもしれません。

ハンガー
備え付けられている可能性が高いですが、マイハンガーを使いたい、掛ける物がたくさんある、という方は持って行きましょう。
まとめて洗濯をしたい方も持っていったほうがいいです。

スリッパ
備え付けが嫌な方は。

目覚まし時計
普段何個も使わないと起きられない人は要チェック。

爪切り
持って行かないと2、3週間切れません。

コンセントタップ・延長コード
相部屋の方や、たくさん必要な方は要検討です。

必須度★☆☆☆☆

はさみ
無いと不便なんですよね。

耳かき棒
麺棒で十分でない方。

虫除けスプレー
夏にバーベキューや花火などのイベントがある場合もあります。要チェック!

使い捨てカイロ
寒さに弱い方は。

トランプなどのカードゲーム
相部屋だと盛り上がること間違いなし!

ゲーム機
ポータブルゲーム機は暇つぶしに良いでしょう。充電器も忘れずに。

サンダル・替えの靴・防水スプレー
荷物に余裕があれば。なければ防水スプレーでもある程度対策はできるかと。

旅行用圧縮袋
衣類などをコンパクトにできる優れもの。
私も持ってたらさぞ便利だったでしょう(笑)

電子機器の予備バッテリー
充電式タイプ、電池式タイプがあります。いざというとき用に。

まとめ

いかがでしたか?

こうしてみると結構持ち物があります。事前にしっかりと確認しておきましょう。
特に荷物を宅配で送る場合、数日前には荷物を郵送しなければ入校日に間に合いませんので、前もって計画的に準備しましょう

忘れ物をした場合や備え付けてなかった場合でも、コンビニ等を利用すれば手に入るものも多いのでそこまで慌てる必要はないとは思います。ただし、現地のコンビニの所在地をあらかじめ調べておいてくださいね。

免許を取るなら合宿免許受付センターがオススメです!