前回の合宿免許の持ち物リスト、全部教えます!では持ち物リストを公開しました。

今回はそのサブページ的な位置づけとして、入校時に必要なものや服装などさらに具体的な内容について解説します。

入校時に必要なもの

住民票

入校日までに役所に行って取得する必要があります。

※条件
○入校する本人のみの本籍地(国籍等)が記載されているもの。
○発行日から3ヶ月以内のもの。
○コピーは不可。

本人確認書類

①初めて運転免許を取得する場合(どの運転免許証も持っていない場合)
健康保険の被保険者証
パスポート
住民基本台帳カード(写真付き)
在留カードまたは外国人登録証明書(外国籍の方)

のどれか一つ。

※条件
○これらの身分証明書と住民票の住所が同じであること。
○合宿期間中に有効期限が切れる場合は入校までに更新。

②すでになにかしらの運転免許証を持っている場合
運転免許証

※条件
○運転免許証の表、あるいは裏に記載されている住所が住民票の住所と同じであること。
(違う場合は、入校前に警察署や運転免許センターで免許証の住所変更を行ってください。)

○運転免許証が有効期限内であること。
(免許証を無くしてしまった、免許証を失効して6ヶ月以内、合宿期間中に有効期限が切れてしまう、といった場合は運転免許センターで免許証を再交付する必要があります。)

○記載事項がはっきりと確認できること。
(汚れていたり傷がついていたりして、はっきりと確認ができない場合も運転免許センターで免許証を再交付する必要があります。)
(ICチップ内臓で本籍が空欄の免許証の場合は、別に健康保険証やパスポートなど本人確認ができるものが必要です。)

印鑑(認印)

※条件
○シャチハタ等のスタンプ印ではなく、朱肉を使って押すもの。

合宿地に荷物を送る

荷物が多くて宅配便等を活用する場合、合宿免許を申し込む際に必ず確認を取りましょう。具体的に確認することは、有料か無料かいつ送ればいいか送り先は教習所か宿泊所か送ることができる量はどのくらいか伝票の書き方は?、などです。

入校時に必要なもの(住民票、本人確認書類、印鑑、郵送されてきた案内書、筆記用具等)は送る荷物に入れずに、持参する荷物に入れてください

また、帰宅時に荷物を送る際には、教習所や宿泊所などの受付にて手続きを行ってください。

服装

基本的には奇抜な格好をしないことです。車を運転しに行くわけですから、ごくごく普通の服装で大丈夫です。動きやすい服装である必要があるわけですが、だからといってスポーツしに行くくらい気合を入れる必要もありません。Tシャツやトレーナー、ジーパンにスニーカー、こんな感じで大丈夫です。

NGなのは、露出の多いもの、過剰なアクセサリー、カラーコンタクトレンズ、付け爪や長い爪、サンダル、ハイヒールや厚底靴。スカートも避けたほうが無難です(過度に丈が長いものや短いものはNG)。

注意点は、初日から技能(運転)教習がある、ということです。現地に向かう段階で適切な服装していないと、教習が受けられない可能性もあるのでご注意ください。

二輪(バイク)の場合

二輪の場合は、安全のため長袖長ズボンでなければなりません。夏でも必須です。

また、学校によってはヘルメット、グローブ、ライダーブーツなども必要になる場合があるので、あらかじめ学校に確認を取ってください。

因みに管理人(私)が行った学校では、ヘルメット、プロテクターは貸し出ししていて、グローブは軍手でOK、ブーツも必要ではなく、スニーカーでOKでした。
もちろん、備品を使いたくない方やスニーカーを汚したくないという方は、個人で準備すると良いでしょう。




夏休み中の合宿免許のお申し込みはお早めに!合宿免許受付センター