今回は「技能シリーズ1」ということで、技能教習の序盤にやる内容を詳しく解説します。

いよいよ実際に車を運転する教習に入り、生まれてはじめての運転でわくわくと不安が入り混じる頃だとは思いますが、この記事で少しでもその不安を取り除いていただけたら幸いです。

それではいきましょう!

(以下の「AT」は「普通自動車のAT限定」、「MT」は「普通自動車の限定なし」のことを指します。)



第一段階の技能教習の流れ

教習は第一段階と第二段階に分かれていて、第一段階は教習所内での運転になります。

第一段階の技能教習の流れは以下のとおりです。

AT
01. 車の乗り降りと運転姿勢
02. 自動車の機構と運転装置の取扱い
03. 発進と停止
04. 速度の調節
05. 走行位置と進路
06. 時機をとらえた発進と加速
07. 目標に合わせた停止
08. カーブや曲がり角の通行
09. 坂道の通行
10. 後退
11. 狭路の通行(クランク)(S字)
12. 通行位置の選択と進路変更
13. 障害物への対応
14. 標識・標示に従った走行
15. 信号に従った走行
16. 交差点の通行(直進)
17. 交差点の通行(左折)
18. 交差点の通行(右折)
19. 見通しの悪い交差点の通行
20. 踏切の通過
21. 急加速と急発進時の措置
22. 教習効果の確認(みきわめ)
MT
21. オートマチック車の運転
22. オートマチック車の急加速と急発進時の措置
23. 教習効果の確認(みきわめ)

これらを最短でATは12時限、MTは15時限で学ぶ事になります。

トレーチャー教習

最初から実写に乗るのではなく、まずはゲームセンターによくあるレーシングゲームのようなもので教習を行います。

ここで学ぶのは1から3の
車の乗り降りと運転姿勢
自動車の機構と運転装置の取扱い
発進と停止
です。

ATの場合はトレーチャー教習は1コマ、MTの場合は2コマあります。
1回目はATもMTも技能教習としては一番最初に受けます。
そしてMTの場合は1度実車に乗った後に2回目を受け、ここではシフトチェンジを主に学びます。

「車の周りを確認して…」
「ドアロックをしっかりかけ…」
「パーキングブレーキがかかっている事を確認し…」
など運転に移るまでの動作も多々あり退屈に感じるかもしれませんが、ここを軽視してはいけません。これらも修了検定や卒業検定の試験範囲だからです
試験ではこういた部分を怠っても減点になりますので、しっかり頭に叩き込みましょう。

乗車~発進~停車~下車の手順

序盤の技能教習で学ぶ具体的な内容を以下に示しました。

現在免許を取得中の方はもちろん、これから免許を取る方、すでに免許を取っている方にとっても参考になる基礎的な内容です。

※ブレーキはフットブレーキのことです。
※パーキングブレーキやシフトレバー等の確認は目で見て軽くレバーに触れる感じで確認しましょう。
※パーキングブレーキはサイドブレーキ、ハンドブレーキとも呼ばれます。
※セレクターはセレクトレバー、チェンジレバーとも呼ばれます。
※細かい順番に関しては教習所や指導員によって多少異なる場合があります。

AT

MT

乗車のしかた

車の周囲を点検
車が来ていないかを確認して乗車
ドアをロック
座席の位置を調整(ブレーキを踏んだときに膝が少し曲がるくらい、ハンドルを持ったときに肘が軽く曲がるくらい)
ルームミラーやサイドミラーを調節
シートベルトをしめる

発進のしかた

パーキングブレーキがかかっていることを確認

AT
ブレーキを踏みながらセレクターがP(パーキング)に入っていることを確認
エンジンをかける
ブレーキを踏んだままセレクターをD(ドライブ)に
パーキングブレーキを戻す
周囲の安全を確認し合図を出す
アクセルを踏んで発進

MT
クラッチとブレーキを踏みながらシフトレバーをR(バック)からN(ニュートラル)に
エンジンをかける
クラッチとブレーキを踏んだままシフトレバーをロー(1速)に
パーキングブレーキを戻す
合図を出し周囲の安全を確認
アクセルを踏むと同時にクラッチを半分戻す(半クラッチ)
アクセルで加速すると共に徐々にクラッチを戻す

シフトチェンジ(MT)のしかた

クラッチを踏むと同時にアクセルを戻す
シフトレバーを2速へ
アクセルを踏むと同時にクラッチを半分戻す(半クラッチ)
アクセルで加速すると共に徐々にクラッチを戻す

これを3速、4速と繰り返します。
減速チェンジの場合も要領は同じで、ギアを加速とは逆の順番で入れていけばいいです。減速の場合は加速よりもよりクラッチワークを丁寧にするとガタツキを軽減できます。

停止・停車のしかた

合図を出し、停車位置を確認しながらブレーキを(MTはクラッチも)踏んで停車

AT
アクセルを戻しブレーキを踏む

MT
アクセルを戻しブレーキを踏む
クラッチを踏む

駐車のしかた

AT
ブレーキを踏んだままパーキングブレーキをかける
セレクターでP(パーキング)に
エンジンを止める
ブレーキを戻しハンドルから手を離す

MT
クラッチとブレーキを踏んだままパーキングブレーキをかける
シフトレバーでN(ニュートラル)に
エンジンを止める
シフトレバーでR(バック)に(上り坂ではローに入れる)
クラッチ、ブレーキを戻しハンドルから手を離す

下車のしかた

シートベルトをはずす
次に乗りやすいように座席を一番後ろへ
ドアのロックを解除
車が来ていないかを確認
少しドアを開けてもう一度周囲を確認し下車

実車での初めての教習

1時限目でトレーチャー教習を受けたあとの2時限目で早くも実車での教習になります

ここでは1時限目にトレーチャーでやった1~3の内容を実際の車で復習します。ATの場合は4の「速度の調節」も合わせて扱います。

つまずきやすいポイント

車幅感覚に慣れよう

最初に実車に乗る際にありがちなのが、中央線に寄ってしまう事です。日本では右ハンドルで左車線を走るのですが、右にハンドルがある分どうしても真ん中より右を走りたくなりがちです。

ところがそれでは中央線に寄ってしまって対向車線に近づいてしまいます。

コツとしては車線の真ん中に自分を置く意識で走ると良いです。最初のうちはかなり違和感があるかと思いますが、この状態で実際に両側のサイドミラーを見てみると意外といい感じに走れていることが実感できるかと思います。

ペダルの感覚に慣れよう

最初はアクセルやブレーキ(マニュアルの場合はクラッチも)を踏む力加減が分からず、強く踏んでしまって車の挙動にびっくりしたりするかもしれませんが、時間が経てば慣れてくるかと思います。

これは完全に慣れです!

また車によっても多少個体差があるので、その時その時で慣れていく必要があります。

目線は遠くに

初めて実車に乗るとほぼ確実に「目の前を見るんじゃなくてもっと遠くを見て」と言われるかと思います。

最初のうちはこれがかなり難しく感じるのですが、最初のうちは車の速度はゆっくりめでの教習となるので無理もありません。これは速度が速いほうがむしろ自然にできるようになるので、あまり気にする必要はありません。

また、カーブの際はカーブの出口付近を視野に入れると感覚的に曲がれるようになっていきます

ハンドルの回し方

地味に難しいのがハンドルの回し方。

その前にハンドルの持ち方ですが、9時15分から10時10分のあいだくらいの位置を持ち、親指は握らず軽く添えるようにしましょう

急なカーブで手を持ち替える場合は、
左折の場合は、左手が7時くらいの位置に来たら手を離して右手の上の位置に(腕がクロスするように)左手を持っていき、右手を基本の持ち方である9時15分から10時10分のあいだくらいになるように置き直します。
右折の場合は、右手が5時くらいの位置に来たら手を離して左手の上の位置に右手を持っていき、左手を基本の持ち方である9時15分から10時10分のあいだくらいになるように置き直します。

この動作を丁度2回ほど繰り返すとハンドルが大体1回転する感じになるかと思います。

通学の方は、家にある丸いもの(おぼんなど)で練習してみるのも良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

何事にも言えることですが、「最初が一番難しい」です。
最初の実車教習では「本当に免許が取れるのか」と不安に感じるかもしれませんが大丈夫です。

運転はガチで「慣れ」ですので、回を重ねるごとに成長している自分を実感できるようになると思います。

不安な部分は自分で抱えたりせず、指導員に積極的に質問をしたり仲間と共有したりして、楽しく運転していきましょう。

ペーパードライバーらくらく脱出マニュアル 教習不要! 14のペーパードライバー克服カリキュラムとマル秘運転テクニックで行う簡単運転上達法!