教習所に通って車の免許を取得する場合、「通学」と「合宿」の2種類の方法があります。

「通学」は主に自分の家の近くの教習所に、自ら予約を入れながら教習を受ける方法で、
「合宿」は自分の住んでいる場所とは異なる地域の教習所で、合宿しながら決められたカリキュラムにしたがって教習を受ける方法です。

2回シリーズの1回目は「合宿のメリット(=通学のデメリット)編」です。
「通いで取ろうか、合宿で取ろうか迷っている」という方の参考になればと思います。



安い!

合宿免許の最大のメリットの一つです
通学も合宿もそれぞれ、教習所、プラン、によって価格はさまざまではありますが、基本的には「通学」より「合宿」の料金の方が安くなります。

因みに、私は普通自動車とバイクの同時教習で取得したのですが、交通費込み、食事代込み、宿泊代込みにも関わらず、「車とバイクの合宿同時教習」を「車のみの通学教習」と同じ金額で受けることができました
つまり、バイクの教習は「タダ同然」で受けることができたことになります(詳しい料金に関しては、パンフレットやHPで確認しましょう)。

早い!

これも合宿免許の最大のメリットの一つ
普通自動車だと最短で2週間普通自動車+バイクの同時教習でも最短3週間で取れてしまいます。ちょっとつまずいて延長してしまった、という場合を想定したとしても3週間ほどあれば大丈夫でしょう(通学と同様、卒業後に本免許試験に合格する必要があります)。

通学ですと、スムーズにいって3週間~1ヶ月程度、平日は忙しく土日しか通えない、という場合は2ヶ月以上かかってしまいます。
また、教習所の混み具合によっては当初の予定通りにいかない可能性もあります。

日程を組んでくれる!

合宿免許が早い理由は、カリキュラムがあらかじめ決まっていて自分で予約を入れる必要がないからです

その反面、通学だと技能(運転)の教習は1限1限自分で予約を入れる必要があります。

また、通学は教習所が混む時期だと毎回必ずしも希望通りに予約が取れるとは限りませんが、合宿の場合はその心配はありません。

上達しやすい!

自分で日程を組めるのは通学のメリットでもありますが、人間は弱い生き物で、「まだいいや」とか「来週にしよう」などとおろそかになりがちです。最後に行ってから時間がだいぶ空いてしまい、「忘れてしまっていたらどうしよう」という不安からさらに足が遠のいてしまう悪循環に陥ってしまう場合も。

毎日運転することになる合宿ではそういった心配はないので上達しやすいです。怠け癖のある方は合宿がオススメです

食費がかからない!

私(管理人)の弟は通学で免許を取得したのですが、通学専門の教習所のせいか食堂もなく、昼食は毎回コンビニで自腹で買っていたようです。

一方私は合宿でしたが、教習所に食堂があってその食費も合宿料金に含まれていました(ただしメニューは日替わりでした)。

このへんは教習所によって事情が異なると思うので一概には言えませんが、一般的には合宿生も受け入れている教習所の方が、生徒が多くなる分設備的に優れている印象があります

もちろん3食付きのプランであれば、宿で出される朝食や夜食も料金に含まれていますので、食費の心配は一切要りません。また教習所によっては、割安の自炊プランや食事なしのプランもあります。

友達を作りやすい!

先ほど「日程があらかじめ決められている」という話しをしましたが、そのカリキュラム通りに教習がスムーズにいけば入学から卒業まで全く同じグループで2週間を過ごすことになります。毎日顔を合わせるため必然的に友達が作りやすくなります。

全国各地から人が集まりますから、そういった人たちと交流ができる貴重な場でもあります。LINE交換などすればお互いに教習の悩みなどのやりとりができるので、心強くなること間違いなしです。

旅行気分を味わえる!

合宿地は自分で選ぶことができるので、ちょっとした旅行気分を味わうことができます。

私の教習所では自転車が無料でレンタルできたので、教習の合間に街を散策したり友達と遊びに行ったりすることもできました。

お得な特典も!

生徒を集めるためにいろいろな特典をつけている教習所もあり、温泉やエステ、ご当地グルメなど、その特典は教習所によりさまざまです。
免許を取る上でのモチベーションのアップにつながること間違いなしです!

合宿免許受付センターなら免許取得でもTポイントが貯まります。まだTカードを持っていなくても大丈夫ですよ♪

おわりに

いかがでしたか?私自身の経験を元に、合宿のメリットについて解説してきました。私はお金が第一優先でしたので、迷わず合宿にしたのですが(笑)

次回は「通学のメリット」について解説していきたいと思います!