車の免許を取ろうと思ったときに、ATとMTのどちらにするかを悩む方も多いと思います。

そもそも何が違うのかがイマイチわからない方、あるいは、今はほとんどAT車なのでそもそも「MT」というのを知らなかった、2種類あること自体知らなかったという方もいるかもしれません(細かく別ければCVTなど他にも種類はありますが)。

今回は、ATとMTそれそれのメリット・デメリット、違いを書いていきますので、どっちにするか迷っている方は参考にしていただければと思います。

(以下の「AT」は「普通自動車のAT限定」、「MT」は「普通自動車の限定なし」のことを指します。)

AT(オートマ)について

オートマとは、オートマチックトランスミッションの略語です。
足元にペダルが2つ(左からブレーキ、アクセル)で、自動でギアチェンジがされます。簡単に言えば、ハンドルとアクセルとブレーキである程度の操作が完結する車です。

AT免許は女性に人気で、男性も含め年々割合が増えています。今街中で走っている車はAT車が圧倒的に多く、MTで免許を取った方でもAT車を運転する方が多いかと思います。

AT車最大のメリットは操作が簡単なことです。お出かけや買い物、送り迎え等が主な目的という方はAT車がオススメです。

一方、ペダルの踏み間違えによる操作ミスが起きやすく、これがAT車一番のデメリットと言っても過言ではありません。注意が必要です。

MT(マニュアル)について

マニュアルとは、マニュアルトランスミッションの略語です。通常は「マニュアル」と言ったり、「ミッション」とも言ったりします。
足元にペダルが3つ(左からクラッチ、ブレーキ、アクセル)+シフトレバーがあり、車の速度に応じて手動でギアチェンジを行う仕組みの車です。ギアチェンジや停止および発進の都度、クラッチ操作が必要になります。

AT車に、手で操作するシフトレバーと、足で操作するクラッチペダルの分、負担が増える感じです。

スポーツカー、バス、トラック、軽トラックなどに多いほか、会社の社用車にも採用されていることが多く、就職の際にMT免許が必要な場合があります。

ATvsMTはそれぞれ一長一短

以下は様々な項目において、どちらに分があるかをまとめた表です。

 AT MT
教習代
操作の難易度
乗れる車の種類
選べる車の種類
車の価格
燃費
メンテナンス費
車の売値
眠気
雪道
渋滞時
操作感
安全性
仕事の幅
海外

こうしてみると互いに一長一短で全くの五分。ネット上で議論が繰り広げられたりするのも分かります。

ATvsMTそれそれのメリット・デメリット

つまりATは、

MTより教習代が安く
MTより操作が簡単で
MTより車の種類が多く
MTより車の価格が安く
MTより車の売値が高く
MTより渋滞時が楽

逆に、

AT限定なのでMT車には乗れず
MTより眠くなりやすく
MTより自分自身で操作している感覚を味わいにくく
MTより踏み間違え事故の心配があり
MTより仕事の幅が制限される場合があり
MTとは違いヨーロッパ等運転できない地域が多い

ということです。

一方MTの方は、

AT車、MT車の両方乗れ
ATより眠くなりにくく
ATより自分自身で操作している感覚を味わえ
ATより踏み間違え事故の心配が少なく
ATより仕事の幅が広がる場合があり
ATとは違い海外でも不自由なく運転できる

逆に、

ATより教習代高く
ATより操作が難しく
ATより車の種類が少なく
ATより車の価格が高く
ATより車の売値が低く
ATより渋滞時が大変

ということになります。

AT車の特徴はクリープ現象、
MT車の特徴はエンジンブレーキ

全てのペダルから両足を離した場合、AT車とMT車とでは異なる動作をします。

AT車の場合、停止中にアクセルから足を離すとスーっと勝手に車が前に進みます。これを「クリープ現象」と言い、このクリープ現象はMT車にはありません。

MT車の場合、走行中にアクセルから足を離すとどんどん減速していきます。これはエンジンブレーキ(エンジンの抵抗によって生じるブレーキ)が働いていて、これによりブレーキペダルの多用を抑えることができます。そうすればブレーキパッドの減りを少なくできたりスリップを防止できたりします。

AT車でも走行中にアクセルから足を離せば軽いエンジンブレーキがかかりますし、急な下り坂のような場所ではセレクトレバーでロー(1速)やセカンド(2速)にいれることでエンジンブレーキをかけることはできますが、手軽にかけたりギアチェンジによって強さを変えたりする自由度はMT車に分があります。

みんなはAT限定免許とMT免許どっちを取得している?

1991年から始まったAT限定免許。2009年で逆転した後も増加し、現在のAT率が約57%。今後もAT限定免許で取得する人の割合は増えていくことが予想されます。

↓普通自動車第一種免許、運転免許試験合格者数

西暦 合格者数うちAT限定合格者数AT率
08年1,253,279   612,38249%
09年1,217,811   604,42350%
10年1,234,435   631,58751%
11年1,227,031   661,80654%
12年1,250,048   668,05553%
13年1,269,407   695,19955%
14年1,267,918   705,56456%
15年1,277,150   726,21657%
16年1,285,520   737,80057%

※小数点以下は四捨五入
出典:運転免許統計 https://www.npa.go.jp/toukei/menkyo/index.htm

AT限定免許&MT免許と男女比の関係は?

男女でそれぞれどちらを取得しているかの統計はないようですが、男性の場合は圧倒的にMT免許で、女性の場合は圧倒的にAT限定免許で取得していて、男女で顕著な差が現れているようです。

しかし男性でもAT限定免許で取得する割合が年々増えています。

地域別で違いは?

新規で免許を取得する方の場合、都市部ではAT限定免許、地方ではMT免許で取得する率が高くなるようです。

これは都市部ほど渋滞や坂道が多いこと、地方などではMTが主流である軽トラックの需要が高いことなどがありそうです。

みんなはAT車とMT車どっちを選んでいる?

では車はどうでしょうか。

1985年頃はAT車とMT車の新車販売比率はそれぞれ半分半分だったのが、今では約99%をAT車が占めます。

↓MT車/AT車比率

西暦MT比率AT比率乗用車総販売台数
85年51.2%48.8% 289万2894
90年27.5%72.5% 408万5005
95年19.2%80.8% 318万1286
00年8.8%91.2% 271万0840
05年3.4%96.6% 309万6683
10年1.7%98.3% 271万4319
11年1.5%98.5% 212万5329

出典:自販連調べ、軽自動車と輸入車は除く

ただ、これには軽自動車や輸入車が含まれていません(軽トラックや外国産スポーツカーなどは考慮されていない)。 

自分がATかMTかが他人にわかる?

免許証から

MT免許の場合は特に何も記載されませんが、AT限定免許の場合は免許証に「AT限定」と記載されるため、免許証を見ればどっちで取ったのかが一目瞭然です。

車から

車の場合は、車内を見ればシフトレバーやクラッチペダルの有無で判断できます。

では車外からはどうかというと、わかる人にはわかります。
下り坂でもあまりブレーキをしない(ブレーキランプがつかない)車はエンジンブレーキが効きやすいMT車の可能性が高いです(AT車でもセレクトレバーでエンジンブレーキをかけられます)。
また、発進時にカックンカックンとなっていたり、発進が遅かったりする場合もMT車の特徴と言えるかと思います(MT車の運転がうまい方ほど見分けはつきにくくなります)。

ATは恥ずかしいのか

ぶっちゃけ、この記事を見る方の多くはこのことが最も知りたいのではないでしょうか。ネット等を見ても様々な意見があります

「昔はMTしかなかった」
「男でAT限定は恥ずかしい」
「AT限定解除は二度手間でお金も損」
「今はAT車がほとんどで、AT限定で取得する人も年々増加している」
「MT車なんて乗る機会ないから、仕事で使う人以外はMTは不要」
「後から限定解除できるから、まずはAT限定でいい」

etc…

ここからはあくまで個人的&主観的な発言になりますが、

一つの結論として、「恥ずかしいのかどうか」を気にする方はMTで取ったほうがいいと思います。
つまり、「人の目を気にするようなタイプの方はMTで取ったほうが無難」ということです。
自分に信念があって、人の目を全く気にしない方はAT限定でなんら問題はないかと思います。

私個人的にはこれ以上でもこれ以下でもないといいますか、このことに尽きると思うのです。
気になってQ&Aサイトや掲示板などをついつい覗いちゃうって方はもうMT取っちゃいましょう。

まとめ

いかがでしたか?
無理やりまとめると、ATとMTは本当に一長一短である、ということ。

今回は様々な項目においてどちらに分があるかをまとめた表を公開しましたが、今後はその項目別にさらに詳しく掘り下げていくつもりです。

一連の記事を参考にしていただけたら幸いです。




夏休み中の合宿免許のお申し込みはお早めに!合宿免許受付センター